FPURGE

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2017-09-15
IndexJM Home Page
 

名前

fpurge, __fpurge - ストリームを一掃 (purge) する 

書式

#include <stdio.h>int fpurge(FILE *stream);#include <stdio.h>#include <stdio_ext.h>void __fpurge(FILE *stream);
 

説明

fpurge() 関数は、与えられたストリームのバッファーをクリアする。 出力ストリームでこれを行うと、書き出されていない出力は捨てられる。 入力ストリームでこれを行うと、 下層にあるオブジェクトから読み込まれ getc(3) による取得を待っている入力が、すべて捨てられる。 これにはungetc(3) によって戻されたテキストも含まれる。 fflush(3) も参照のこと。

__fpurge() 関数も全く同じことを行うが、ただし返り値を返さない。 

返り値

成功すると fpurge() は 0 を返す。 エラーが起こると -1 を返し、 errno を適切な値に設定する。 

エラー

EBADF
stream がオープンされていない。
 

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
__fpurge()Thread safetyMT-Safe race:stream

 

準拠

これらの関数は標準ではなく、よって移植性もない。 fpurge() 関数は 4.4BSD で導入されたが、Linux では利用できない。__fpurge() 関数は Solaris で導入され、glibc 2.1.95 以降には存在している。 

注意

通常は入力バッファーを捨てようとするのは間違っている。 

関連項目

fflush(3), setbuf(3), stdio_ext(3) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttps://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

fpurge,FPURGE,ストリーム,stream,stdio,エラー,pages,include,プロジェクト,FILE 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 03:39:08 GMT, June 22, 2021