GETPT

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-04-01
IndexJM Home Page
 

名前

getpt - 擬似端末マスタ (PTM) をオープンする 

書式

#define _GNU_SOURCE#include <stdlib.h>int getpt(void);
 

説明

getpt() は、擬似端末マスタをオープンし、そのファイルディスクリプターを返す。 これは、 Linux システムにおいては
 open(/dev/ptmx, O_RDWR | O_NOCTTY);
と等価である。但し、 GNU Libc を使用していても、 擬似端末マスタがどこか他の場所にあるシステムもある。 

返り値

成功した場合、 getpt() はオープンしたファイルのディスクリプターを返す。 そうでない場合、-1 を返し、 errnoにエラーを示す値がセットされる。 

エラー

getpt() は open(2) で説明されている種々のエラーで失敗する可能性がある。 

バージョン

getpt() は、バージョン 2.1 以降の glibc で提供されている。 

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

getpt() 関数はスレッドセーフである。 

準拠

getpt() は glibc 独自である。代わりに posix_openpt(3) を使用すること。 

関連項目

grantpt(3), posix_openpt(3), ptsname(3), unlockpt(3),ptmx(4), pty(7) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttp://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

getpt,GETPT,エラー,バージョン,マスタ,オープン,pages,マルチスレッディング,プロジェクト,Index 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 20:43:04 GMT, August 08, 2017