ILOGB

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2017-09-15
IndexJM Home Page
 

名前

ilogb, ilogbf, ilogbl - 浮動小数点数の指数部を整数として取得する 

書式

#include <math.h>

int ilogb(double x);
int ilogbf(float x);
int ilogbl(long double x);

-lm でリンクする。

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

ilogb():

_ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L
    || _XOPEN_SOURCE >= 500
    ||  _DEFAULT_SOURCE
    ||  _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE

ilogbf(), ilogbl():
_ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L
    ||  _DEFAULT_SOURCE
    ||  _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE
 

説明

これらの関数は引き数の指数部を符号付き整数として返す。 エラーが起らなかった場合、これらの関数は、対応する logb(3) 関数を intでキャストしたものと等価である。 

返り値

成功すると、これらの関数は x の指数部を符号付き整数として返す。

x がゼロの場合、領域エラー (domain error) が発生し、 FP_ILOGB0 が返される。

x が NaN の場合、領域エラー (domain error) が発生し、 FP_ILOGBNAN が返される。

x が負の無限大か正の無限大の場合、 領域エラー (domain error) が発生し、 INT_MAX が返される。 

エラー

これらの関数を呼び出した際にエラーが発生したかの判定方法についての情報は math_error(7) を参照のこと。

以下のエラーが発生する可能性がある。

領域エラー: x が 0 か NaN
不正 (invalid) 浮動小数点例外 (FE_INVALID) が上がり、 errnoEDOM が設定される (ただし、「バグ」を参照)。
領域エラー (domain error): x が無限大である
不正 (invalid) 浮動小数点例外 (FE_INVALID) が上がり、 errnoEDOM が設定される (ただし、「バグ」を参照)。
 

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
ilogb(),ilogbf(),ilogbl()Thread safetyMT-Safe
 

準拠

C99, POSIX.1-2001, POSIX.1-2008. 

バグ

バージョン 2.16 より前では、これらの関数の glibc 実装には以下のバグが存在した。
*
x が 0 か NaN の場合の領域エラーで、errno が設定されなかったり、(アーキテクチャーによっては) 浮動小数点例外が上がらなかった。
*
x が無限大の場合の領域エラーで、errno が設定されず、浮動小数点例外が上がらなかった。
 

関連項目

log(3), logb(3), significand(3) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttps://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

エラー,SOURCE,小数点,domain,ilogbl,int,ilogbf,ilogb,errno,pages 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
準拠
バグ
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 15:49:11 GMT, July 11, 2021