PTHREAD_CLEANUP

Section: C Library Functions (3)
Updated: LinuxThreads
IndexJM Home Page

 

名前

pthread_cleanup_push, pthread_cleanup_pop, pthread_cleanup_push_defer_np, pthread_cleanup_pop_restore_np - クリーンアップハンドラを登録および削除する

 

書式

#include <pthread.h>

void pthread_cleanup_push(void (*routine) (void *), void *arg);

void pthread_cleanup_pop(int execute);

void pthread_cleanup_push_defer_np(void (*routine) (void *), void *arg);

void pthread_cleanup_pop_restore_np(int execute);

 

説明

クリーンアップハンドラは、pthread_exit(3) が呼び出されたり、取り消しされたりして スレッドが終了するときに呼び出される関数である。 クリーンアップハンドラは スタック風の規則にならって登録および削除される。

クリーンアップハンドラの目的は、 スレッドが終了するときに保持しているかもしれない資源を 解放することである。 殊に、スレッドがロック中の mutex を保持したまま 終了したり取り消しされたりすると、 その mutex は永久にロックされたままで、 ほかのスレッドが正常に実行できなくなってしまう。 このことを防ぐ最もよい方法は、 mutex をロックする直前に、 mutex のロックを解除するための クリーンアップハンドラを登録することである。 同じように、クリーンアップハンドラは スレッドの終了時にmalloc(3) で確保されたメモリブロックを解放したり ファイルディスクリプターをクローズしたりするのに使用できる。

pthread_cleanup_pushは関数routineを引数argとともにクリーンアップハンドラとして登録する。 この時点から 対応するpthread_cleanup_popまでの間、 そのスレッドがpthread_exit(3) または取り消しによって終了する時に、 関数routineが引数argをともなって呼び出されるようになる。 終了する時点で複数のクリーンアップハンドラが有効になっている場合は、 クリーンアップハンドラは LIFO 順に呼び出される: すなわち、最後に登録されたハンドラが最初に呼び出される。

pthread_cleanup_popは、最後に登録されたクリーンアップハンドラを削除する。 引数executeが 0 でない場合、pthread_cleanup_popはハンドラを実行する。 すなわち、 関数routineを引数argをともなって呼び出す。 引数executeが 0 の場合は、ハンドラが削除されるだけで、実行されることはない。

対応するpthread_cleanup_pushpthread_cleanup_popの対は、同じ関数内の、 同じブロック階層になければならない。 実際、pthread_cleanup_pushpthread_cleanup_popはマクロであり、pthread_cleanup_pushのマクロ展開には 開き括弧{が含まれていて、それに対応する 閉じ括弧}は、対応するpthread_cleanup_popのマクロ展開に含まれている。

pthread_cleanup_push_defer_npは、pthread_cleanup_pushpthread_setcanceltype(3) を組み合わせた、ポータブルでない拡張である。pthread_cleanup_pushとまったく同じようにクリーンアップハンドラを登録するが、 同時にその時点の取り消し型を保存し、 取り消し型を遅延 (deferred) に変更する。 これによって、 スレッドの取り消し型が非同期 (asynchronous) であっても クリーンアップ機構が有効になることが保証される。

pthread_cleanup_pop_restore_nppthread_cleanup_push_defer_npによって登録されたはクリーンアップハンドラを削除し、 取り消し型をpthread_cleanup_push_defer_npが呼び出された時点の値に戻す。

pthread_cleanup_push_defer_nppthread_cleanup_pop_restore_npは対になっていなければならず、 ともに同じブロック階層になければならない。

pthread_cleanup_push_defer_np(routine, arg);
pthread_cleanup_pop_defer_np(execute);

のような流れは機能的に次のものと同等 (だがよりコンパクトでより効率的) である。

{ int oldtype; pthread_setcanceltype(PTHREAD_CANCEL_DEFERRED, &oldtype); pthread_cleanup_push(routine, arg); ... pthread_cleanup_pop(execute); pthread_setcanceltype(oldtype, NULL);
}

 

返り値

なし。

 

エラー

なし。

 

著者

Xavier Leroy <Xavier.Leroy@inria.fr>

 

関連項目

pthread_exit(3),pthread_cancel(3),pthread_setcanceltype(3).

 

次の例は、 mutexmutをロック中にスレッドが取り消しされたら ロックを解除するように、 mutexmutをロックする方法である:

pthread_cleanup_push(pthread_mutex_unlock, (void *) &mut);
pthread_mutex_lock(&mut);
pthread_mutex_unlock(&mut);
pthread_cleanup_pop(0);

最後の 2 行は次のものと同等で、置き換えが可能である:

pthread_cleanup_pop(1);

上のコードは取り消し型が遅延 (deferred) である場合に限って 安全であることに注意すること (pthread_setcanceltype(3) を参照 ) 。 取り消し型が非同期 (asynchronous) の場合には、 スレッドの取り消しがpthread_cleanup_pushpthread_mutex_lockの間や、pthread_mutex_unlockpthread_cleanup_popの間で起こる可能性があり、 どちらの場合にもスレッドはカレントスレッドで ロックしていない mutex をロック解除しようとしてしまう。 このことは非同期取り消しが使いにくいことの主な理由である。

上のコードが非同期取り消し型でも動作しなければならない場合、 mutex のロックおよびロック解除のために、 取り消し型を遅延 (deferred) に変更しなければならない:

pthread_setcanceltype(PTHREAD_CANCEL_DEFERRED, &oldtype);
pthread_cleanup_push(pthread_mutex_unlock, (void *) &mut);
pthread_mutex_lock(&mut);pthread_cleanup_pop(1);
pthread_setcanceltype(oldtype, NULL);

上のコードは、ポータブルでない関数pthread_cleanup_push_defer_nppthread_cleanup_pop_restore_npを使うことで、よりコンパクトでより効率的な方法に書き直すことができる:

pthread_cleanup_push_restore_np(pthread_mutex_unlock, (void *) &mut);
pthread_mutex_lock(&mut);pthread_cleanup_pop_restore_np(1);


関連キーワード

pthread,cleanup,push,pop,mutex,ハンドラ,取り消し,クリーンアップ,ロック,mut 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
著者
関連項目

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 20:43:08 GMT, August 08, 2017