PTHREAD_TRYJOIN_NP

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2020-12-21
IndexJM Home Page
 

名前

pthread_tryjoin_np, pthread_timedjoin_np - 終了したスレッドの join を 試みる 

書式

#define _GNU_SOURCE#include <pthread.h>int pthread_tryjoin_np(pthread_t thread, void **retval);int pthread_timedjoin_np(pthread_t thread, void **retval, const struct timespec *abstime);

-pthread を付けてコンパイルとリンクを行う。 

説明

これらの関数は pthread_join(3) と同じように動作するが、 このページで説明する違いがある。

pthread_tryjoin_np() 関数は、スレッド thread の非停止 (nonblocking) での join を実行し、スレッドの終了ステータスを*retval に入れて返す。thread がまだ終了していない場合は、pthread_join(3) のように停止 (block) せずに、エラーを返す。

The pthread_timedjoin_np() function performs a join-with-timeout. Ifthread has not yet terminated, then the call blocks until a maximum time, specified in abstime, measured against the CLOCK_REALTIME clock. If the timeout expires before thread terminates, the call returns an error. The abstime argument is a structure of the following form, specifying an absolute time measured since the Epoch (see time(2)):

struct timespec {
    time_t tv_sec;     
    long   tv_nsec;     }; 

返り値

成功すると、これらの関数は 0 を返す。 エラーの場合、エラー番号を返す。 

エラー

これらの関数は pthread_join(3) と同じエラーで失敗する。pthread_tryjoin_np() はさらに以下のエラーで失敗する場合がある。
EBUSY
呼び出しを行った時点では thread はまだ終了していない。

pthread_timedjoin_np() はさらに以下のエラーで失敗する場合がある。

ETIMEDOUT
thread が終了する前に呼び出しがタイムアウトとなった。
EINVAL
abstime の値が無効である (tv_sec が 0 より小さいか、 tv_nsec 1e9 がより大きい)。

pthread_timedjoin_np() がエラー EINTR を返すことはない。 

バージョン

これらの関数は glibc バージョン 2.3.3 で初めて登場した。 

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
pthread_tryjoin_np(),pthread_timedjoin_np()Thread safetyMT-Safe
 

準拠

これらの関数は非標準の GNU による拡張である。 そのため、名前に "_np" (nonportable; 移植性がない) という接尾辞が 付いている。 

以下のコードは、最大 5 秒まで join を待つ。

struct timespec ts; int s;

...

if (clock_gettime(CLOCK_REALTIME, &ts) == -1) {
     }

ts.tv_sec += 5;

s = pthread_timedjoin_np(thread, NULL, &ts); if (s != 0) {
     } 

バグ

The pthread_timedjoin_np() function measures time by internally calculating a relative sleep interval that is then measured against theCLOCK_MONOTONIC clock instead of the CLOCK_REALTIME clock. Consequently, the timeout is unaffected by discontinuous changes to theCLOCK_REALTIME clock. 

関連項目

clock_gettime(2), pthread_exit(3), pthread_join(3), pthreads(7) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttps://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

pthread,エラー,thread,timedjoin,PTHREAD,TRYJOIN,tryjoin,time,CLOCK,abstime 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
属性
準拠
バグ
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 03:39:07 GMT, June 22, 2021