STPCPY

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-05-10
IndexJM Home Page
 

名前

stpcpy - 文字列をコピーし、コピーした文字列の終りへのポインターを返す 

書式

#include <string.h>char *stpcpy(char *dest, const char *src);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

stpcpy():

glibc 2.10 以降:
_XOPEN_SOURCE >= 700 || _POSIX_C_SOURCE >= 200809L
glibc 2.10 より前:
_GNU_SOURCE
 

説明

stpcpy() 関数は、src で指された文字列を (文字列を終端するヌルバイト ('\0') を含めて) destで指された配列にコピーする。 文字列は重複してはならず、コピー先の文字列 dest はコピーを受け取る のに十分大きくなくてはならない。 

返り値

stpcpy() は、文字列 dest の始まりではなく 終りを指すポインター (すなわち、文字列を終端するヌルバイト) を返す。 

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

stpcpy() 関数はスレッドセーフである。 

準拠

この関数は POSIX.1-2008 に追加された。 それ以前は、この関数は C や POSIX.1 標準の一部でも UNIX システムの慣習的なものでもなかった。 この関数は Lattice C AmigaDOS コンパイラで初めて登場し、それは少なくとも 1986 年時点ではそうであった。 その後、 1989 年に GNU fileutils と GNU textutils に登場し、 1992 年までには GNU C ライブラリにも存在していた。 この関数は BSD 系にも存在する。 

バグ

この関数はバッファー dest の範囲を行き過ぎてしまう可能性がある。 

例として、このプログラムは foobar を連結して foobar を作るために stpcpy() を使用し、その後表示する。
#define _GNU_SOURCE
#include <string.h>
#include <stdio.h>
int
main(void)
{ char buffer[20]; char *to = buffer; to = stpcpy(to, "foo"); to = stpcpy(to, "bar"); printf("%s\n", buffer);
}
 

関連項目

bcopy(3), memccpy(3), memcpy(3), memmove(3), stpncpy(3),strcpy(3), string(3), wcpcpy(3) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttp://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

stpcpy,STPCPY,コピー,dest,char,SOURCE,buffer,pages,include,string 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
バグ
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 20:43:04 GMT, August 08, 2017