STRDUP

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2019-03-06
IndexJM Home Page
 

名前

strdup, strndup, strdupa, strndupa - 文字列を複製する 

書式

#include <string.h>char *strdup(const char *s);char *strndup(const char *s, size_t n);char *strdupa(const char *s);char *strndupa(const char *s, size_t n);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

strdup():

_XOPEN_SOURCE >= 500
    ||  _POSIX_C_SOURCE >= 200809L
    ||  _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE

strndup():

glibc 2.10 以降:
_POSIX_C_SOURCE >= 200809L
glibc 2.10 より前:
_GNU_SOURCE

strdupa(), strndupa(): _GNU_SOURCE 

説明

strdup() 関数は、文字列 sの複製である 新しい文字列へのポインターを返す。 新しい文字列のためのメモリーはmalloc(3) で得ている。 そして、 free(3) で解放することができる。

strndup() 関数は同様であるが、最大で n バイトを複製する。sn よりも長い場合、n バイトだけが複製され、 終端のヌルバイト ('\0')) が追加される。

strdupa() と strndupa() も同様だが、バッファーの確保にalloca(3) を使用する点が異なる。 これらが使用できるのは GNU GCC ツール群を使う場合だけであり、alloca(3) で説明されているのと同じ制限がある。 

返り値

成功すると、 strdup() 関数は複製された文字列へのポインターを返す。 十分なメモリーが確保できなかった場合には、 NULL を返し、errno にエラーの原因を示す値を設定する。 

エラー

ENOMEM
複製された文字列を割り当てる十分なメモリーが確保できなかった。
 

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
strdup(),strndup(),strdupa(),
strndupa()
Thread safetyMT-Safe

 

準拠

strdup() は SVr4, 4.3BSD, POSIX.1-2001 準拠である。 strndup() は POSIX.1-2008 準拠である。 strdupa(), strndupa() は GNU 拡張である。 

関連項目

alloca(3), calloc(3), free(3), malloc(3), realloc(3),string(3), wcsdup(3) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttps://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

SOURCE,strdup,STRDUP,strndup,strdupa,strndupa,エラー,メモリー,pages,alloca 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
準拠
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 03:39:07 GMT, June 22, 2021