STRXFRM

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2019-03-06
IndexJM Home Page
 

名前

strxfrm - 文字列の変換 

書式

#include <string.h>size_t strxfrm(char *dest, const char *src, size_t n);
 

説明

strxfrm() 関数は、文字列 src に対して、次のような変換を行う。 変換は、ある二つの文字列に対して、それぞれを strxfrm() で変換 した文字列に対して strcmp(3) を行った結果が、 変換を行わずにstrcoll(3) を行った結果と同じとなるように行う。 変換された文字列の先頭から n バイト分が dest に代入される。 変換は、プログラムの現在のロケールのカテゴリー LC_COLLATE に 基づいて行われる (setlocale(3) を参照)。 

返り値

strxfrm() 関数は、変換された文字列を dest に代入するときに 必要なバイト数から、終端のヌルバイト ('\0') の分を 引いたものを返す。もし返り値が n 以上の場合、 dest の内容は不定となる。 

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
strxfrm()Thread safetyMT-Safe locale
 

準拠

POSIX.1-2001, POSIX.1-2008, C89, C99, SVr4, 4.3BSD. 

関連項目

bcmp(3), memcmp(3), setlocale(3), strcasecmp(3), strcmp(3),strcoll(3), string(3) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttps://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

STRXFRM,strxfrm,dest,pages,プロジェクト,バイト,setlocale,Index,string,size 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
準拠
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 15:49:10 GMT, July 11, 2021