WCSSPN

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2015-08-08
IndexJM Home Page
 

名前

wcsspn - ワイド文字文字列を進み、ワイド文字の集合の文字をスキップする 

書式

#include <wchar.h>size_t wcsspn(const wchar_t *wcs, const wchar_t *accept);
 

説明

wcsspn() 関数は、 strspn(3) 関数に対応するワイド文字関数である。 この関数は、wcsの先頭部分を調べ、accept に列挙されている ワイド文字だけによって構成される部分を最も長く取った場合の長さを求める。 言い換えると、この関数はワイド文字文字列 wcs の中に、ワイド文字列 accept に含まれていない文字が現われる最初の位置を探す。 

返り値

wcsspn() 関数は、wcs の先頭部分を調べ、accept に列挙さ れているワイド文字だけによって構成される部分を最も長く取った場合の長さ を返す。 言い換えると、この関数はワイド文字文字列 wcsの中に、ワイド文字列 accept に含まれていない文字が現われる最初の位置を返す。 何も現われなかった場合には wcslen(wcs)を返す。 

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
wcsspn()Thread safetyMT-Safe
 

準拠

POSIX.1-2001, POSIX.1-2008, C99. 

関連項目

strspn(3), wcscspn(3) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttps://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

WCSSPN,wcs,wcsspn,pages,wchar,プロジェクト,Index,strspn,リリース,ページ 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
準拠
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 03:39:08 GMT, June 22, 2021