PROTOCOLS

Section: Linux Programmer's Manual (5)
Updated: 2012-08-05
IndexJM Home Page
 

名前

protocols - プロトコル定義ファイル 

説明

このファイルは ASCII ファイルで、TCP/IP サブシステムから利用できる いろいろな DARPA インターネットプロトコルを記述している。 ARPA 関連のインクルードファイル内の数値を使うべきではないし、 単に推測した値を使うのはさらに良くない。 代わりにこのファイルに問い合わせるべきである。 これらの数値は IP ヘッダーのプロトコルフィールドに現れる。

このファイルは変更しないこと。変更すると IP パッケージが不正になる。 プロトコル番号とプロトコル名は IANA (Internet Assigned Numbers Authority) によって指定される。

それぞれの行は次のフォーマットである。

protocol number aliases ...

各フィールドは空白かタブで区切られていて、空行は無視される。 行にハッシュ記号(#)が含まれる場合、 ハッシュ記号を含むその行の残りは無視される。

フィールドの説明は以下のとおり。

protocol
プロトコルの固有名。たとえば ip, tcp, udp など。
number
プロトコルの公式番号、IP ヘッダーに現れる。
aliases
プロトコルの別名、オプション。

このファイルは Yellow Pages/NIS や BIND/Hesiod のようなネットワーク上の名前サービスを用いて、ネットワークを通じて配布される可能性もある。 

ファイル

/etc/protocols
プロトコル定義ファイル。
 

関連項目

getprotoent(3)

 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttps://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

プロトコル,PROTOCOLS,フィールド,pages,ヘッダー,プロジェクト,ネットワーク,protocol,aliases,Index 

Index

名前
説明
ファイル
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 15:49:14 GMT, July 11, 2021