SIGEVENT

Section: Linux Programmer's Manual (7)
Updated: 2020-11-01
IndexJM Home Page
 

名前

sigevent - 非同期ルーチンからの通知用の構造体 

書式

#include <signal.h>
union sigval { int sival_int; void *sival_ptr;
};
struct sigevent { int sigev_notify; int sigev_signo; union sigval sigev_value; void (*sigev_notify_function) (union sigval); void *sigev_notify_attributes; pid_t sigev_notify_thread_id;
};
 

説明

sigevent 構造体は、イベントに関する情報をプロセスに通知するために様々な API で使用される (イベントの例としては、 非同期処理要求の完了、 タイマーの満了、 メッセージの到着など)。

「書式」に記載されている定義はおおよそのものである。 sigevent 構造体のいくつかのフィールドは、 共用体の一部として定義されているものもある。 プログラムは、 sigev_notify で指定された値に応じたフィールドだけを利用すべきである。

sigev_notify フィールドは、通知をどのように処理すべきかを指定する。 このフィールドは、以下のいずれかの値である。

SIGEV_NONE
「空 (null)」の通知。 イベントが発生時には何もしないこと。
SIGEV_SIGNAL
sigev_signo で指定されたシグナルを送信することで、プロセスへの通知を行う。
sigaction(2) の SA_SIGINFO フラグを使った登録されたシグナルハンドラーによりシグナルが捕捉されると、 シグナルハンドラーの 2 番目の引き数として渡された siginfo_t 構造体の以下のフィールドが設定される。
si_code
このフィールドには通知を配送した API に応じた決まる値が設定される。
si_signo
このフィールドにはシグナル番号 (すなわち sigev_signo と同じ値) が設定される。
si_value
このフィールドには sigev_value で指定された値が設定される。
API によっては siginfo_t 構造体の他のフィールドが設定される場合もある。
シグナルを受け取ったときには sigwaitinfo(2) でも同じ情報が得られる。
SIGEV_THREAD
「あたかも」新しいスレッドセーフの開始関数であるかのように sigev_notify_function を起動することで、 プロセスへの通知を行う (実装の可能性としては、 タイマー通知の度に新しいスレッドセーフが作成される場合も、 一つのスレッドを作成してすべての通知を受信する場合もある)。 この関数は sigev_value を唯一の引き数として起動される。 sigev_notify_attributes は、 NULL 以外の場合は、 新しいスレッドセーフの属性を定義する pthread_attr_t 構造体を指していなければならない (pthread_attr_init(3) 参照)。
SIGEV_THREAD_ID (Linux 固有)
現在のところ POSIX でのみ使用されている。 timer_create(2) 参照。
 

関連項目

timer_create(2), aio_fsync(3), aio_read(3), aio_write(3),getaddrinfo_a(3), lio_listio(3), mq_notify(3), aio(7),pthreads(7) 

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報はhttps://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

sigev,フィールド,SIGEV,SIGEVENT,シグナル,thread,signo,sigevent,notification,int 

Index

名前
書式
説明
関連項目
この文書について

This document was created byman2html, using the manual pages.
Time: 15:49:09 GMT, July 11, 2021