ArrayIterator クラス

(PHP 5, PHP 7, PHP 8)

はじめに

このイテレータは、配列やオブジェクトを反復処理する際に 値やキーをリセットしたり修正したりすることができます。

同じ配列を何度も反復処理したい場合は、 ArrayObject のインスタンスとそれを参照する ArrayIterator のインスタンスを作成し、 foreach を使用するか getIterator() メソッドを手動でコールします。

クラス概要

ArrayIteratorimplements ArrayAccess, SeekableIterator, Countable, Serializable {
constintSTD_PROP_LIST = 1 ;
constintARRAY_AS_PROPS = 2 ;
publicappend(mixed$value): void
publicasort(): void
public__construct(mixed$array = array(), int$flags = 0)
publiccount(): int
publiccurrent(): mixed
publicgetArrayCopy(): array
publicgetFlags(): int
publickey(): mixed
publicksort(): void
publicnatcasesort(): void
publicnatsort(): void
publicnext(): void
publicoffsetExists(mixed$index): bool
publicoffsetGet(mixed$index): mixed
publicoffsetSet(mixed$index, mixed$newval): void
publicoffsetUnset(mixed$index): void
publicrewind(): void
publicseek(int$position): void
publicserialize(): string
publicsetFlags(string$flags): void
publicuasort(callable$cmp_function): void
publicuksort(callable$cmp_function): void
publicunserialize(string$serialized): void
publicvalid(): bool
}

定義済み定数

ArrayIterator のフラグ

ArrayIterator::STD_PROP_LIST

オブジェクトのプロパティが、 リストとして(var_dump, foreach などから)アクセスされたときの通常の機能を持つ

ArrayIterator::ARRAY_AS_PROPS

エントリがプロパティとしてアクセスできる(読み書きともに)

目次