実行時設定

php.ini の設定により動作が変化します。

ファイルシステムおよびストリーム設定オプション
名前デフォルト変更可能変更履歴
allow_url_fopen"1"PHP_INI_SYSTEM 
allow_url_include"0"PHP_INI_SYSTEMPHP 7.4.0 以降は非推奨になりました。
user_agentNULLPHP_INI_ALL 
default_socket_timeout"60"PHP_INI_ALL 
from""PHP_INI_ALL 
auto_detect_line_endings"0"PHP_INI_ALL 
sys_temp_dir""PHP_INI_SYSTEM 

以下に設定ディレクティブに関する 簡単な説明を示します。

allow_url_fopenbool

このオプションにより、URL対応のfopenラッパーが使用可能となり、 ファイルのようにURLオブジェクトをアクセスできるようになります。 デフォルトのラッパーが、ftpまたはhttpプロトコルを用いて リモートファイルに アクセスするために提供されています。zlibのようないくつかの拡張モジュールが ラッパーを追加することがあります。

allow_url_includebool

このオプションを指定すると include, include_once, require, require_once で URL 対応の fopen ラッパーが使用できるようになります。

注意:

この設定を使用するには、allow_url_fopen が on でないといけません。

user_agentstring

送信する PHP 用のユーザーエージェントを定義します。

default_socket_timeoutint

ソケットベースのストリームのデフォルトの有効時間(単位は秒)を定義します。 負の値を指定した場合、タイムアウトしません。

fromstring

認証なしの FTP 接続で使ったり、あるいは HTTP 接続の From ヘッダで使ったりするためのメールアドレス。 それぞれ、ftp ラッパーおよび http ラッパーに対応します。

auto_detect_line_endingsbool

onにした場合、PHPは fgets() および file() により読み込まれたデータを評価し、UNIX、MS-DOS、Machintoshの行末 表記を使用しているかどうかを調べます。

これにより、PHPがMacintoshシステムと相互運用できるようになりますが、 デフォルトはOffとなっています。これは、最初の行の行末表記を検出 する際にごく僅かな性能劣化があるためと、UNIXシステムのもとで復改 文字を項目セパレータとして使用している人が従来のバージョンと互換 性がない動作であると感じる可能性があるためです。

sys_temp_dirstring