fmod

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

fmod引数で除算をした際の剰余を返す

説明

fmod(float$num1, float$num2): float

被除数(num1)を除数(num2) で割った余りを返します。余り(r)は、 整数 i を使用して num1 = i * num2 + r で定義されます。 num2 がゼロ以外の場合はrnum1 と同符号で、絶対値は num2 より小さくなります。

パラメータ

num1

被除数。

num2

除数。

返り値

num1/num2 の剰余を返します。

例1 fmod() の使用法

<?php
$x 
5.7;
$y 1.3;
$r fmod($x$y);
// $r は 0.5 です。なぜなら 4 * 1.3 + 0.5 = 5.7 だからです。
?>

参考

  • / - 浮動小数点数値の除算
  • % - 整数値の剰余
  • intdiv() - 整数値の除算