Math 関数

目次

  • abs — 絶対値
  • acos — 逆余弦(アークコサイン)
  • acosh — 逆双曲線余弦(アークハイパボリックコサイン)
  • asin — 逆正弦(アークサイン)
  • asinh — 逆双曲線正弦(アークハイパボリックサイン)
  • atan2 — 2 変数のアークタンジェント
  • atan — 逆正接(アークタンジェント)
  • atanh — 逆双曲線正接(アークハイパボリックタンジェント)
  • base_convert — 数値の基数を任意に変換する
  • bindec — 2 進数 を 10 進数に変換する
  • ceil — 端数の切り上げ
  • cos — 余弦(コサイン)
  • cosh — 双曲線余弦(ハイパボリックコサイン)
  • decbin — 10 進数を 2 進数に変換する
  • dechex — 10 進数を 16 進数に変換する
  • decoct — 10 進数を 8 進数に変換する
  • deg2rad — 度単位の数値をラジアン単位に変換する
  • exp — e の累乗を計算する
  • expm1 — 値がゼロに近い時にでも精度を保つために exp(number) - 1 を返す
  • fdiv — IEEE 754 に従い、数値の除算を行う
  • floor — 端数の切り捨て
  • fmod — 引数で除算をした際の剰余を返す
  • getrandmax — 乱数の最大値を取得する
  • hexdec — 16 進数を 10 進数に変換する
  • hypot — 直角三角形の斜辺の長さを計算する
  • intdiv — 整数値の除算
  • is_finite — 値が有限の数値であるかどうかを判定する
  • is_infinite — 値が無限大であるかどうかを判定する
  • is_nan — 値が非数かどうかを判定する
  • lcg_value — 複合線形合同法
  • log10 — 底が 10 の対数
  • log1p — 値がゼロに近い時にでも精度を保つ方法で計算した log(1 + number) を返す
  • log — 自然対数
  • max — 最大値を返す
  • min — 最小値を返す
  • mt_getrandmax — 乱数値の最大値を表示する
  • mt_rand — メルセンヌ・ツイスター乱数生成器を介して乱数値を生成する
  • mt_srand — メルセンヌ・ツイスター乱数生成器にシードを指定する
  • octdec — 8 進数を 10 進数に変換する
  • pi — 円周率の値を得る
  • pow — 指数表現
  • rad2deg — ラジアン単位の数値を度単位に変換する
  • rand — 乱数を生成する
  • round — 浮動小数点数を丸める
  • sin — 正弦(サイン)
  • sinh — 双曲線正弦(ハイパボリックサイン)
  • sqrt — 平方根
  • srand — 乱数生成器を初期化する
  • tan — 正接(タンジェント)
  • tanh — 双曲線正接(ハイパボリックタンジェント)