gnupg_encryptsign

(PECL gnupg >= 0.2)

gnupg_encryptsign指定したテキストを暗号化し、署名する

説明

gnupg_encryptsign(resource$identifier, string$plaintext): string

事前に gnupg_addsignkey および gnupg_addencryptkey で設定したキーを使用し、指定した plaintext を暗号化・署名します。暗号化・署名済みのテキストを返します。

パラメータ

identifier

gnupg_init()あるいは gnupg のコールで得られた gnupg ID。

plaintext

暗号化したいテキスト。

返り値

成功した場合、この関数は暗号化されて署名されたテキストを返します。 失敗した場合、この関数は false を返します。

例1 手続き型の gnupg_encryptsign() の例

<?php
$res 
gnupg_init();
gnupg_addencryptkey($res,"8660281B6051D071D94B5B230549F9DC851566DC");
gnupg_addsignkey($res,"8660281B6051D071D94B5B230549F9DC851566DC","test");
$enc gnupg_encryptsign($res"just a test");
echo 
$enc;
?>

例2 オブジェクト指向の gnupg_encryptsign() の例

<?php
$gpg 
= new gnupg();
$gpg -> addencryptkey("8660281B6051D071D94B5B230549F9DC851566DC");
$gpg -> addsignkey("8660281B6051D071D94B5B230549F9DC851566DC","test");
$enc $gpg -> encryptsign("just a test");
echo 
$enc;
?>