gnupg_verify

(PECL gnupg >= 0.1)

gnupg_verify署名済みテキストを検証する

説明

gnupg_verify(
    resource$identifier,
    string$signed_text,
    string$signature,
    string&$plaintext = ?
): array

指定した signed_text を検証し、署名についての情報を返します。

パラメータ

identifier

gnupg_init()あるいは gnupg のコールで得られた gnupg ID。

signed_text

The signed text.

signature

署名。clearsign で署名されたテキストを検証するには、 signature に false を設定します。

plaintext

平文テキスト。 このオプションのパラメータを渡すと、 復号されたテキストがそこに保存されます。

返り値

成功した場合、この関数は署名についての情報を返します。 失敗した場合、この関数は false を返します。

例1 手続き型の gnupg_verify() の例

<?php
$plaintext 
"";
$res gnupg_init();
// clearsigned
$info gnupg_verify($res,$signed_text,false,$plaintext);
print_r($info);
// detached signature
$info gnupg_verify($res,$signed_text,$signature);
print_r($info);
?>

例2 オブジェクト指向の gnupg_verify() の例

<?php
$plaintext 
"";
$gpg = new gnupg();
// clearsigned
$info $gpg -> verify($signed_text,false,$plaintext);
print_r($info);
// detached signature
$info $gpg -> verify($signed_text,$signature);
print_r($info);
?>