radius_put_string

(PECL radius >= 1.1.0)

radius_put_string文字列属性を設定する

説明

radius_put_string(
    resource$radius_handle,
    int$type,
    string$value,
    int$options = 0,
    int$tag = ?
): bool

文字列属性を、現在の RADIUS リクエストにアタッチします。 一般に、文字列属性をアタッチするには radius_put_attr() のほうがより便利です。 というのも、こちらのほうはバイナリセーフだからです。

注意:

リクエストを radius_create_request() で作ってからでないと、この関数は呼べません。

パラメータ

radius_handle

RADIUS リソース。

type

属性の型。

value

属性の値。 これはヌル終端であることが期待されています。つまり、このパラメータはバイナリセーフではないということです。

options

属性のオプションのビットマスク。使えるオプションには、RADIUS_OPTION_TAGGEDRADIUS_OPTION_SALT があります。

tag

属性のタグ。RADIUS_OPTION_TAGGED が設定されていない限り、このパラメータは無視されます。

返り値

成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

変更履歴

バージョン説明
PECL radius 1.3.0options および tag が追加されました。

例1 radius_put_string() の例

<?php
if (!radius_put_string($resRADIUS_USER_NAME'billy')) {
    echo 
'RadiusError:' radius_strerror($res). "\n<br />";
    exit;
}
?>

参考