IMAP 関数

参考

この文書では、提供される関数に関する全ての話題の詳細について立ち入ることは できません。より詳細な情報については、c-client ライブラリのソースに 付属するドキュメント (docs/internal.txt) および以下の RFC ドキュメントで提供されています。

詳しい概観については、David Wood による書籍 » Programming Internet Email や Dianna Mullet と Kevin Mullet による » Managing IMAP でも得ることができます。

目次

  • imap_8bit — 8 ビット文字列を quoted-printable 文字列に変換する
  • imap_alerts — 発生した IMAP 警告メッセージを返す
  • imap_append — 指定されたメールボックスに文字列メッセージを追加する
  • imap_base64 — BASE64 でエンコードされたテキストをデコードする
  • imap_binary — 8 ビット文字列を base64 文字列に変換する
  • imap_body — メッセージ本文を読む
  • imap_bodystruct — 指定したメッセージの指定した body セクションの構造を読み込む
  • imap_check — 現在のメールボックスをチェックする
  • imap_clearflag_full — メッセージのフラグをクリアする
  • imap_close — IMAP ストリームをクローズする
  • imap_create — imap_createmailbox のエイリアス
  • imap_createmailbox — 新しいメールボックスを作る
  • imap_delete — 現在のメールボックスから削除するメッセージに印を付ける
  • imap_deletemailbox — メールボックスを削除する
  • imap_errors — 発生したすべての IMAP エラーを返す
  • imap_expunge — 削除用にマークされたすべてのメッセージを削除する
  • imap_fetch_overview — 指定したメッセージのヘッダ情報の概要を読む
  • imap_fetchbody — メッセージ本文中の特定のセクションを取り出す
  • imap_fetchheader — メッセージのヘッダを返す
  • imap_fetchmime — メッセージの特定のセクションに対する MIME ヘッダを取り出します
  • imap_fetchstructure — 特定のメッセージの構造を読み込む
  • imap_fetchtext — imap_body のエイリアス
  • imap_gc — IMAP キャッシュをクリアする
  • imap_get_quota — クオータレベルの設定、メールボックス毎の使用状況を取得する
  • imap_get_quotaroot — ユーザー単位のクォータ設定を取得する
  • imap_getacl — 与えられたメールボックスの ACL を取得する
  • imap_getmailboxes — メールボックスのリストを読み込み、各ボックスに関する詳細な情報を返す
  • imap_getsubscribed — 購読中の全メールボックスの一覧を取得する
  • imap_header — imap_headerinfo のエイリアス
  • imap_headerinfo — メッセージヘッダを読み込む
  • imap_headers — メールボックス内のすべてのメッセージのヘッダを返す
  • imap_last_error — ページリクエスト時に生じた直近の IMAP エラーを返す
  • imap_list — メールボックスのリストを読み込む
  • imap_listmailbox — imap_list のエイリアス
  • imap_listscan — 指定したテキストにマッチするメールボックスの一覧を返す
  • imap_listsubscribed — imap_lsub のエイリアス
  • imap_lsub — 購読しているすべてのメールボックスの一覧を得る
  • imap_mail_compose — 指定したエンベロープおよびボディセクションに基づいて MIME メッセージを作成する
  • imap_mail_copy — 指定されたメッセージをメールボックスにコピーする
  • imap_mail_move — 指定されたメッセージをメールボックスに移動する
  • imap_mail — e-mail メッセージを送信する
  • imap_mailboxmsginfo — 現在のメールボックスに関する情報を得る
  • imap_mime_header_decode — MIME ヘッダ要素をデコードする
  • imap_msgno — 指定した UID のメッセージ番号を返す
  • imap_mutf7_to_utf8 — 修正UTF-7文字列をUTF-8にデコードする
  • imap_num_msg — 現在のメールボックスのメッセージ数を取得する
  • imap_num_recent — 現在のメールボックスにある新規メッセージ数を取得する
  • imap_open — メールボックスへの IMAP ストリームをオープンする
  • imap_ping — IMAP ストリームがアクティブかどうかを調べる
  • imap_qprint — quoted-printable 文字列を 8 ビット文字列に変換する
  • imap_rename — imap_renamemailbox のエイリアス
  • imap_renamemailbox — メールボックスの名前を変更する
  • imap_reopen — 新規メールボックスへの IMAP ストリームを再度オープンする
  • imap_rfc822_parse_adrlist — アドレス文字列を解釈します
  • imap_rfc822_parse_headers — 文字列からメールヘッダを解釈する
  • imap_rfc822_write_address — 指定したメールボックス、ホスト、個人情報を、 電子メールアドレスとして適当な形式にして返す
  • imap_savebody — 指定した本文部をファイルに保存する
  • imap_scan — imap_listscan のエイリアス
  • imap_scanmailbox — imap_listscan のエイリアス
  • imap_search — 指定した検索条件にマッチするメッセージを配列として返す
  • imap_set_quota — 指定したメールボックスにクォータを設定する
  • imap_setacl — 指定したメールボックスの ACL を設定する
  • imap_setflag_full — メッセージにフラグをセットする
  • imap_sort — メッセージヘッダの配列をソートする
  • imap_status — 現在のメールボックス以外のメールボックスのステータス情報を返す
  • imap_subscribe — メールボックスを購読する
  • imap_thread — スレッド化したメッセージのツリーを返す
  • imap_timeout — imap タイムアウトを設定あるいは取得する
  • imap_uid — 指定したメッセージシーケンス番号の UID を返す
  • imap_undelete — 削除マークがついているメッセージのマークをはずす
  • imap_unsubscribe — メールボックスの購読をやめる
  • imap_utf7_decode — 修正版 UTF-7 エンコードされた文字列をデコードする
  • imap_utf7_encode — ISO-8859-1 文字列を修正版 UTF-7 テキストに変換する
  • imap_utf8_to_mutf7 — UTF-8 文字列を修正UTF-7にエンコードする
  • imap_utf8 — MIME エンコードされたテキストを UTF-8 に変換する