ls

使い方: docker-machine ls [オプション][引数...]マシン一覧を表示
オプション: --quiet, -q 静かな (quite) モードを有効化 --filter [--filter option --filter option] 指定した状況に応じてフィルタを出力 --timeout, -t "10" タイムアウトを秒数で指定。デフォルトは 10 秒 --format, -f Go テンプレートに一致する内容で表示

タイムアウト

ls コマンドは各ホストに対し、到達性を並列に確認します。対象のホストが 10 秒間応答しなければ、 ls コマンドで対象ホストの情報を Timeout 状態として表示します。同様の状況(接続が貧弱、高負荷、あるいはその他トラブルシューティング)では、値を上下させたくなるでしょう。 -t フラグを使い、整数値で秒数を指定できます。

$ docker-machine ls -t 12NAME ACTIVE DRIVER STATE URL SWARM DOCKER ERRORS
default - virtualbox Running tcp://192.168.99.100:2376 v1.9.0

フィルタリング

フィルタリング・フラグ( --filter )の指定は key=value のペア形式です。複数のフィルタを使う場合は、複数のフラグを使います(例: --filter"foo=bar"--filter"bif=baz" )。

現時点でサポートしているフィルタは次の通りです。

  • driver(ドライバ名)

  • swarm(swarm のマスタ名)

  • state (状態: Running | Paused | Saved | Stopped | Stopping | Starting | Error

  • name(ドライバが返すマシン名であり、 Go 言語形式 の正規表現をサポート )

  • label(マシンを --engine-label オプションで作成すると、 label=<key>[=<value>] 形式でフィルタできる )

$ docker-machine ls
NAME ACTIVE DRIVER STATE URL SWARM DOCKER ERRORS
dev - virtualbox Stopped
foo0 - virtualbox Running tcp://192.168.99.105:2376 v1.9.1
foo1 - virtualbox Running tcp://192.168.99.106:2376 v1.9.1
foo2 * virtualbox Running tcp://192.168.99.107:2376 v1.9.1
$ docker-machine ls --filter name=foo0
NAME ACTIVE DRIVER STATE URL SWARM DOCKER ERRORS
foo0 - virtualbox Running tcp://192.168.99.105:2376 v1.9.1
$ docker-machine ls --filter driver=virtualbox --filter state=Stopped
NAME ACTIVE DRIVER STATE URL SWARM DOCKER ERRORS
dev - virtualbox Stopped v1.9.1
$ docker-machine ls --filter label=com.class.app=foo1 --filter label=com.class.app=foo2
NAME ACTIVE DRIVER STATE URL SWARM DOCKER ERRORS
foo1 - virtualbox Running tcp://192.168.99.105:2376 v1.9.1
foo2 * virtualbox Running tcp://192.168.99.107:2376 v1.9.1

書式

マシンの結果を分かりやすくするため、書式オプション( --format )で Go 言語のテンプレートが使えます。

以下の Go テンプレートをプレースホルダに指定可能です。

プレースホルダ

説明

.Name

マシン名

.Active

マシンがアクティブか

.ActiveHost

マシンがアクティブな Swarm のホストではないか

.ActiveSwarm

マシンがアクティブな Swarm マスタか

.DriverName

ドライバ名

.State

マシンの状態(実行中、停止中など)

.URL

マシン URL

.Swarm

マシンの Swarm 名

.Error

マシンのエラー

.DockerVersion

Docker デーモンのバージョン

.ResponseTime

ホストの応答時間

ls コマンドで --format オプションを使うと、テンプレートから自分が必要なデータだけ出力できます。また table 命令を使うと、ヘッダ部分も調整可能です。

以下の例では NameDriver のエントリをヘッダ情報無しに表示します。

$ docker-machine ls --format "{{.Name}}: {{.DriverName}}"default: virtualbox
ec2: amazonec2

全てのマシン名とドライバを表形式(table format)で表示できます。

$ docker-machine ls --format "table {{.Name}} {{.DriverName}}"NAME DRIVER
default virtualbox
ec2 amazonec2