APM

Section: Linux Programmer's Manual (1)
Updated: 10 Jan 1996
Index JM Home Page
 

名前

apm - Advanced Power Management (APM) BIOS に問い合わせる  

書式

apm [ -vVmsS ]  

説明

apm/proc/apm から情報を読み出して人間にわかる書式で出力する。 基本的には電池の状態が表示されるので、 APM BIOS 準拠のラップトップマシンで大変便利である。 また apm コマンドを使って、 スタンバイモードやサスペンドモードへ移行することもできる。  

オプション

-V, --version
apm プログラムのバージョンを表示して終了する。
-v, --verbose
APM BIOS と Linux APM ドライバのバージョン情報を表示する。
-m, --minutes
残り時間を hh:mm 書式ではなく分単位で表す。
-s, --suspend
可能であればサスペンドモードに移行する。
-S, --standby
可能であればスタンバイモードに移行する。
-i, --ignore
システムが生成する APM サスペンドイベント・スタンバイイベントを、 AC 電源がオンの時は無視するようにする。 電池駆動のときは APM イベントを有効にしたいが、 AC 電源駆動のときは無効にしたいラップトップユーザーに便利。
-n, --noignore
システムが生成する APM サスペンドイベント・スタンバイイベントを、 AC 電源がオンの時も無視しないようにする。 これはデフォルトのモードである。このオプションは、 以前に行った "apm -i" を取り消せるように用意された。
 

バグ

このプログラムの動作にはバージョン 1.3.57 以降のカーネルが必要である。 /proc/apm の書式が大幅に変更されているので、 これよりも古いカーネルや APM パッチでは動作しないだろう。  

ファイル

/proc/apm
linux/drivers/char/apm_bios.c  

著者

このプログラムは Rik Faith (faith@cs.unc.edu) によって書かれ、 GNU 一般公共使用許諾のもとで自由に再配布できる。 このプログラムは「完全に無保証」である。現在の管理者は Avery Pennarun (apenwarr@worldvisions.ca) である。  

関連項目

xapm(1), apmd(8)


関連キーワード

プログラム, 移行, 表示, 電源, バージョン, proc, モード, カーネル, 駆動, 無視 

Index

名前
書式
説明
オプション
バグ
ファイル
著者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:33 GMT, January 09, 2022