GETSID

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2017-09-15
Index JM Home Page
 

名前

getsid - セッション ID を取得する。  

書式

#include <sys/types.h>
#include <unistd.h>

pid_t getsid(pid_t pid);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

getsid():

_XOPEN_SOURCE >= 500
    || /* glibc 2.12 以降: */ _POSIX_C_SOURCE >= 200809L
 

説明

getsid(0) は呼び出し元のプロセスのセッション ID を返す。 getsid() はプロセス ID が pid のプロセスのセッション ID を返す。 pid が 0 の場合、 getsid() は呼び出し元プロセスのセッション ID を返す。  

返り値

成功すると、セッション ID が返される。 エラーの場合、(pid_t) -1 が返され、 errno が適切に設定される。  

エラー

EPERM
プロセス ID pid のプロセスは存在するが、呼び出し元のプロセスと同じセッションではなく、 さらに実装がこの状態をエラーと判断した場合。
ESRCH
プロセス ID が pid のプロセスがない。
 

バージョン

このシステムコールは Linux バージョン 2.0 以降で利用可能である。  

準拠

POSIX.1-2001, POSIX.1-2008, SVr4.  

注意

Linux は EPERM を返さない。

セッションとセッション ID の説明は credentials(7) を参照。  

関連項目

getpgid(2), setsid(2), credentials(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


関連キーワード

プロセス, セッション, pid, GETSID, getsid, エラー, pages, バージョン, 呼び出し, 参照 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:30:29 GMT, January 09, 2022