Microsoft Azure

Microsoft Azure 上にマシンを作成します。

証明書(cert)を使ってサブスクリプションを作成する必用があります。これらのコマンドを実行し、問い合わせに回答します。

$ openssl req -x509 -nodes -days 365 -newkey rsa:1024 -keyout mycert.pem -out mycert.pem
$ openssl pkcs12 -export -out mycert.pfx -in mycert.pem -name "My Certificate"$ openssl x509 -inform pem -in mycert.pem -outform der -out mycert.cer

Azure ポータルに移動し、「Settings」ページに移動します(左スライド・バーの下の方にリンクがあります。スクロールが必要かもしれません)。それから「Management Certificates」で mycert.cer からアップロードします。

ポータルから自分のサブスクリプション ID を取得し、次のように docker-machinecreate の詳細を実行します。

$ docker-machine create -d azure --azure-subscription-id="SUB_ID" --azure-subscription-cert="mycert.pem" A-VERY-UNIQUE-NAME

Azure ドライバは、デフォルトで b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-15_10-amd64-server-20151116.1-en-us-30GB イメージを使います。なお、このイメージは中国リージョンでは利用できません。中国リージョンは b549f4301d0b4295b8e76ceb65df47d4__Ubuntu-15_10-amd64-server-20151116.1-en-us-30GB をご利用ください。

OS を確実に更新するためには、仮想マシンに SSH でログインし、再起動する必要があるでしょう。

オプション:

  • --azure-docker-port : Docker デーモンのポート番号。

  • --azure-image : Azure イメージ名です。詳細は How to: Get the Windows Azure Image Name を参照。

  • --azure-location : マシン・インスタンスの場所。

  • --azure-password : Azure パスワード。

  • --azure-publish-settings-file : Azure 設定ファイル。詳細は How to: Download and Import Publish Settings and Subscription Information を参照。

  • --azure-size : Azure ディスク容量。

  • --azure-ssh-port : Azure SSH ポート番号。

  • --azure-subscription-id : 必須 Azure サブスクリプション ID (GUID は d255d8d7-5af0-4f5c-8a3e-1545044b861e のようなものです ).

  • --azure-subscription-cert : 必須 Azure サブスクリプション証明書(cert)。

  • --azure-username : Azure ログイン・ユーザ名。

利用可能な環境変数とデフォルト値は以下の通りです。

コマンドライン・オプション

環境変数

デフォルト値

--azure-docker-port

2376

--azure-image

AZURE_IMAGE

Ubuntu 15.10 x64

--azure-location

AZURE_LOCATION

WestUS

--azure-password

--azure-publish-settings-file

AZURE_PUBLISH_SETTINGS_FILE

--azure-size

AZURE_SIZE

Small

--azure-ssh-port

22

--azure-subscription-cert

AZURE_SUBSCRIPTION_CERT

--azure-subscription-id

AZURE_SUBSCRIPTION_ID

--azure-username

ubuntu