IBM SoftLayer

SoftLayer 上にマシンを作成します。

SoftLayer コントロール・パネルで API を生成する必要があります。 API Key を取得するには(英語)

$ docker-machine create --driver softlayer --softlayer-user=user --softlayer-api-key=KEY --softlayer-domain=domain vm

オプション:

  • --softlayer-memory : ホストのメモリを MB 単位で指定。
  • --softlayer-disk-size : 0 の値を指定すると、SoftLayer のデフォルトを使用。
  • --softlayer-user : 必須 SoftLayer アカウントのユーザ名であり、API キーと一致する必要がある。
  • --softlayer-api-key : 必須 ユーザ・アカウント用の API キー。
  • --softlayer-region : SoftLayer のリージョン。
  • --softlayer-cpu : マシンで使う CPU 数。
  • --softlayer-hostname : マシンのホスト名。
  • --softlayer-domain : 必須 マシンのドメイン名。
  • --softlayer-api-endpoint : SoftLayer API エンドポイントの変更。
  • --softlayer-hourly-billing : 時間単位(hourly)課金を指定すべき。そうしなければ、月単位で課金される。
  • --softlayer-local-disk : SoftLayer SAN のかわりに、ローカル・マシンを使う。
  • --softlayer-private-net-only : パブリック・ネットワークを無効化する。
  • --softlayer-image : 使用する OS イメージ。
  • --softlayer-public-vlan-id : パブリック VLAN ID 。
  • --softlayer-private-vlan-id : プライベート VLAN ID 。

SoftLayer ドライバは、デフォルトで UBUNTU_LATEST イメージ・タイプを使います。

利用可能な環境変数とデフォルト値は以下の通りです。

コマンドライン・オプション環境変数デフォルト値
--softlayer-memorySOFTLAYER_MEMORY1024
--softlayer-disk-sizeSOFTLAYER_DISK_SIZE0
--softlayer-userSOFTLAYER_USER
--softlayer-api-keySOFTLAYER_API_KEY
--softlayer-regionSOFTLAYER_REGIONdal01
--softlayer-cpuSOFTLAYER_CPU1
--softlayer-hostnameSOFTLAYER_HOSTNAMEdocker
--softlayer-domainSOFTLAYER_DOMAIN
--softlayer-api-endpointSOFTLAYER_API_ENDPOINTapi.softlayer.com/rest/v3
--softlayer-hourly-billingSOFTLAYER_HOURLY_BILLINGfalse
--softlayer-local-diskSOFTLAYER_LOCAL_DISKfalse
--softlayer-private-net-onlySOFTLAYER_PRIVATE_NETfalse
--softlayer-imageSOFTLAYER_IMAGEUBUNTU_LATEST
--softlayer-public-vlan-idSOFTLAYER_PUBLIC_VLAN_ID0
--softlayer-private-vlan-idSOFTLAYER_PRIVATE_VLAN_ID0