Digital Ocean

Digital Ocean 上に Docker マシンを作成します。

Digital Ocean のコントロール・パネルにある「Apps & API」から、パーソナル・アクセス・トークンを作成する必要があります。それから docker-machinecreate--digitalocean-access-token オプションで渡します。

$ docker-machine create --driver digitalocean --digitalocean-access-token=aa9399a2175a93b17b1c86c807e08d3fc4b79876545432a629602f61cf6ccd6b test-this

オプション:

  • --digitalocean-access-token : 必須 Digital Ocean API 用のパーソナル・アクセス・トークン。
  • --digitalocean-image : Digital Ocean イメージ用の名前。
  • --digitalocean-region : ドロップレットを作成するリージョンの指定です。詳細一覧は Region API を参照。
  • --digitalocean-size : Digital Ocean ドロップレットのサイズ( デフォルトの 2gb 以上より大きいもの )。
  • --digitalocean-ipv6 : ドロップレットで IPv6 を有効化。
  • --digitalocean-private-networking : ドロップレットのプライベート・ネットワーク対応を有効化。
  • --digitalocean-backups : ドロップレットのバックアップを有効化。
  • --digitalocean-userdata : ドロップレット用のユーザ・データを含むファイルのパス。
  • --digitalocean-ssh-user : SSH ユーザ名。
  • --digitalocean-ssh-port : SSH ポート番号。
  • --digitalocean-ssh-key-fingerprint : 新しい SSH 鍵を作らず、既存の鍵を使います。詳細は SSH Keys のページ をご覧ください。

DigitalOcean ドライバは、 ubuntu-15-10-x64 をデフォルトのイメージとして使います。

利用可能な環境変数とデフォルト値は以下の通りです。

コマンドライン・オプション環境変数デフォルト値
--digitalocean-access-tokenDIGITALOCEAN_ACCESS_TOKEN
--digitalocean-imageDIGITALOCEAN_IMAGEubuntu-15-10-x64
--digitalocean-regionDIGITALOCEAN_REGIONnyc3
--digitalocean-sizeDIGITALOCEAN_SIZE512mb
--digitalocean-ipv6DIGITALOCEAN_IPV6false
--digitalocean-private-networkingDIGITALOCEAN_PRIVATE_NETWORKINGfalse
--digitalocean-backupsDIGITALOCEAN_BACKUPSfalse
--digitalocean-userdataDIGITALOCEAN_USERDATA 
--digitalocean-ssh-userDIGITALOCEAN_SSH_USERroot
--digitalocean-ssh-portDIGITALOCEAN_SSH_PORT22
--digitalocean-ssh-key-fingerprintDIGITALOCEAN_SSH_KEY_FINGERPRINT