gnupg_seterrormode

(PECL gnupg >= 0.6)

gnupg_seterrormodeエラー報告モードを設定する

説明

gnupg_seterrormode(resource$identifier, int$errormode): void

error_reporting のモードを設定します。

パラメータ

identifier

gnupg_init()あるいは gnupg のコールで得られた gnupg ID。

errormode

エラー形式。

errormode には、 使用するエラー報告形式を表す定数を指定します。 GNUPG_ERROR_WARNINGGNUPG_ERROR_EXCEPTION および GNUPG_ERROR_SILENT が使用可能です。 デフォルトでは GNUPG_ERROR_SILENT が使用されます。

返り値

値を返しません。

例1 手続き型の gnupg_seterrormode() の例

<?php
$res 
gnupg_init();
gnupg_seterrormode($res,GNUPG_ERROR_WARNING); // エラー時には PHP の警告を発生させます
?>

例2 オブジェクト指向の gnupg_seterrormode() の例

<?php
$gpg 
= new gnupg();
$gpg -> seterrormode(gnupg::ERROR_EXCEPTION); // エラー時には例外をスローします
?>