down

コンテナを停止し、 up で作成したコンテナ・ネットワーク・ボリューム・イメージを削除します。デフォルトではコンテナとネットワークのみ削除します。

使い方: down [オプション]

オプション:
    --rmi type          イメージの削除。type は次のいずれか:
                        'all': あらゆるサービスで使う全イメージを削除
                        'local': image フィールドにカスタム・タグのないイメージだけ削除
    -v, --volumes       Compose ファイルの `volumes` セクションの名前付きボリュームを削除
                        また、コンテナがアタッチしたアノニマス・ボリュームも削除
    --remove-orphans    Compose ファイルで定義していないサービス用のコンテナも削除

コンテナを停止し、 up で作成したコンテナ、ネットワーク、ボリューム、イメージを削除します。

デフォルトでは以下のものだけ削除します。

  • Compose ファイル内で定義したサービス用のコンテナ

  • Compose ファイルの network セクションで定義したネットワーク

  • default ネットワーク(を使っている場合)

external として定義したネットワークとボリュームは決して削除しません。