events

使い方: events [オプション][サービス...]オプション: --json json オブジェクトでイベントの出力をストリーム

プロジェクト内の各コンテナのイベントを表示します。

--json フラグを使うと、各行を JSON オブジェクトとして表示します。

{"service":"web","event":"create","container":"213cf75fc39a","image":"alpine:edge","time":"2015-11-20T18:01:03.615550",}