rm

使い方: rm [オプション][サービス...]オプション: -f, --force 確認なく削除する -v コンテナにアタッチしているアノニマス・ボリュームも削除 -a, --all docker-compose run で作成した一度だけのコンテナを全て削除 docker-compose run

停止済みのサービス・コンテナを削除します。

デフォルトでは、コンテナにアタッチしている匿名ボリューム(anonymous volume)を削除しません。ボリュームを削除するには -v オプションを使います。全てのボリュームを表示するには dockervolumels を使います。

(明示的に削除しなければ)ボリューム内にあるデータは失われません。