up

使い方: up [オプション][サービス...]オプション: -d デタッチド・モード: バックグラウンドでコンテナを実行し、新しいコンテナ名を表示 --abort-on-container-exit と同時に使えない --no-color 白黒で画面に表示 --no-deps リンクしたサービスを起動しない --force-recreate 設定やイメージに変更がなくても、コンテナを再作成する --no-recreate と同時に使えません --no-recreate コンテナが既に存在していれば、再作成しない --force-recreate と同時に使えない --no-build イメージが見つからなくても構築しない --build コンテナを開始前にイメージを構築する --abort-on-container-exit コンテナが1つでも停止したら全てのコンテナを停止 -d と同時に使えない -t, --timeout TIMEOUT アタッチしている、あるいは既に実行中のコンテナを 停止する時のタイムアウト秒数を指定 (デフォルト:10 ) --remove-orphans Compose ファイルで定義されていないサービス用のコンテナを削除 --exit-code-from SERVICE 指定されたサービスコンテナの終了コードを返す --abort-on-container-exit の指定を暗に含む --scale SERVICE=NUM SERVICE のインスタンス数を NUM とする Compose ファイルに scale の設定があっても上書きされる

サービス用のコンテナの構築、作成、起動、アタッチを行います。

リンクされているサービスがまだ起動していない場合は、それらも起動します。

docker-composeup コマンドは個々のコンテナの出力をまとめます。 コマンドが終了すると、コンテナはすべて停止します。docker-composeup-d を実行すると、コンテナはバックグラウンドで起動し、そのまま実行し続けます。

もしサービス用のコンテナが存在している場合、かつ、コンテナを作成後にサービスの設定やイメージを変更している場合は、 docker-composeup-d を実行すると、 設定を反映するためにコンテナを停止・再作成します(マウントしているボリュームは、そのまま保持します)。Compose が設定を反映させないようにするには、 --no-recreate フラグを使います。

コンテナすべてを強制的に停止および再生成するには --force-recreate フラグを指定します。

処理過程においてエラーが発生した場合、このコマンドは終了コード 1 を返します。SIGINT (ctrl + C) や SIGTERM によって処理が中断した場合、コンテナはすべて停止し、終了コード 0 を返します。 シャットダウン過程において SIGINTSIGTERM が再度送信された場合、起動しているコンテナのプロセスは強制終了され、終了コード 2 を返します。