images

使い方: docker images [オプション] [リポジトリ[:タグ]]

イメージを一覧表示します。

  -a, --all=false      全てのイメージを表示(デフォルトは中間コンテナを非表示)
  --digests=false      digest 値を表示
  -f, --filter=[]      指定した状況に応じて出力を整形:
                       - dangling=(true|false)
                       - label=<キー> or label=<キー>=<値>
                       - before=(<イメージ名>[:タグ]|<image-id>|<image@digest>)
                       - since=(<イメージ名>[:タグ]|<image-id>|<image@digest>)
  --help               使い方の表示
  --no-trunc=false     トランケート(truncate)を出力しない
  -q, --quiet=false    整数値の ID のみ表示

標準の docker image は全てのトップ・レベルのイメージと、リポジトリ・タグ・容量を表示します。

Docker イメージは中間レイヤ(intermediate layer)を持っています。これは再利用性を高め、ディスク容量を減らし、 docker build は各ステップをキャッシュするので速度を向上します。デフォルトでは、これらの中間レイヤは表示されません。

SIZE (容量)は、イメージと全ての親イメージの累積した領域です。また、 docker save でイメージを作成していた場合、 Tar ファイルの内容に含まれるディスク容量です。

イメージ一覧では、複数のリポジトリ名やタグが表示されます。イメージ( IMAGE ID が一致するもの )ごとの SIZE が複数表示されますが、実際に対象としている容量は1つだけです。

直近で作成したイメージから一覧表示

$ docker images
REPOSITORY                TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
<none>                    <none>              77af4d6b9913        19 hours ago        1.089 GB
committ                   latest              b6fa739cedf5        19 hours ago        1.089 GB
<none>                    <none>              78a85c484f71        19 hours ago        1.089 GB
docker                    latest              30557a29d5ab        20 hours ago        1.089 GB
<none>                    <none>              5ed6274db6ce        24 hours ago        1.089 GB
postgres                  9                   746b819f315e        4 days ago          213.4 MB
postgres                  9.3                 746b819f315e        4 days ago          213.4 MB
postgres                  9.3.5               746b819f315e        4 days ago          213.4 MB
postgres                  latest              746b819f315e        4 days ago          213.4 MB

イメージ名とタグで一覧表示

docker images コマンドは、オプションで [リポジトリ[:タグ]] を指定できます。これはイメージ一覧から条件が一致するものだけ表示します。 リポジトリタグ を指定しなくても使えますので、 docker images で対象となるリポジトリの全イメージのみ表示します。

例えば、「java」リポジトリにあるイメージを表示するには、次のコマンドを実行します。

$ docker images java
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
java                8                   308e519aac60        6 days ago          824.5 MB
java                7                   493d82594c15        3 months ago        656.3 MB
java                latest              2711b1d6f3aa        5 months ago        603.9 MB

[リポジトリ[:タグ]] 値は「完全一致」の必要があります。つまり、 docker images javjava イメージに一致しません。

リポジトリタグ の両方が指定された場合は、リポジトリとタグが一致するイメージのみ表示します。ローカルにある「java」リポジトリで、タグが「8」のイメージを表示するには、次のように実行します。

$ docker images java:8
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
java                8                   308e519aac60        6 days ago          824.5 MB

もし一致する [リポジトリ[:タグ]] がなければ、何も表示しません。

$ docker images java:0
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE

長いイメージ ID で全てを表示

$ docker images --no-trunc
REPOSITORY                    TAG                 IMAGE ID                                                                  CREATED             SIZE
<none>                        <none>              sha256:77af4d6b9913e693e8d0b4b294fa62ade6054e6b2f1ffb617ac955dd63fb0182   19 hours ago        1.089 GB
committest                    latest              sha256:b6fa739cedf5ea12a620a439402b6004d057da800f91c7524b5086a5e4749c9f   19 hours ago        1.089 GB
<none>                        <none>              sha256:78a85c484f71509adeaace20e72e941f6bdd2b25b4c75da8693efd9f61a37921   19 hours ago        1.089 GB
docker                        latest              sha256:30557a29d5abc51e5f1d5b472e79b7e296f595abcf19fe6b9199dbbc809c6ff4   20 hours ago        1.089 GB
<none>                        <none>              sha256:0124422dd9f9cf7ef15c0617cda3931ee68346455441d66ab8bdc5b05e9fdce5   20 hours ago        1.089 GB
<none>                        <none>              sha256:18ad6fad340262ac2a636efd98a6d1f0ea775ae3d45240d3418466495a19a81b   22 hours ago        1.082 GB
<none>                        <none>              sha256:f9f1e26352f0a3ba6a0ff68167559f64f3e21ff7ada60366e2d44a04befd1d3a   23 hours ago        1.089 GB
tryout                        latest              sha256:2629d1fa0b81b222fca63371ca16cbf6a0772d07759ff80e8d1369b926940074   23 hours ago        131.5 MB
<none>                        <none>              sha256:5ed6274db6ceb2397844896966ea239290555e74ef307030ebb01ff91b1914df   24 hours ago        1.089 GB

イメージの digest 値を表示

v2 以降の形式を使うイメージには、 digest と呼ばれる識別子が割り振られます。イメージ生成後に変更が加えられなければ、digest 値は変更されていないと考えられます。全ての digest 値を表示するには、 --digests フラグを使います。

$ docker images --digests
REPOSITORY                         TAG                 DIGEST                                                                    IMAGE ID            CREATED             SIZE
localhost:5000/test/busybox        <none>              sha256:cbbf2f9a99b47fc460d422812b6a5adff7dfee951d8fa2e4a98caa0382cfbdbf   4986bf8c1536        9 weeks ago         2.43 MB

2.0 レジストリに対して送信(push) や取得(pull )する場合は、 pushpull コマンドの出力にイメージの digest 値も含まれます。digest 値を使っても pull できます。digest 値が使えるのは createrunrmi の各コマンドと、 Dockerfile のイメージを参照する FROM でも同様です。

フィルタリング

フィルタリング・フラグ( -f--filter )の形式は「key=value」です。複数のフィルタを使う時は、複数のフラグを使います(例: --filter "foo=bar" --filter "bif=baz" )。

現在サポートされているフィルタ:

  • dangling(ダングリング;宙ぶらりんな状態)なイメージ (ブール値: true か false )

  • label( label=<key>label=<key>=<value>

  • before ( <イメージ名>[:<タグ>], <イメージ ID> または <image@digest> - 指定した ID もしくはリファレンスよりも前に作成したイメージでフィルタ

  • since ( <イメージ名>[:<タグ>], <イメージ ID> または <image@digest> - 指定した ID もしくはリファレンスよりも後に作成したイメージでフィルタ

タグ付けされていないイメージ(dangling)

$ docker images --filter "dangling=true"

REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
<none>              <none>              8abc22fbb042        4 weeks ago         0 B
<none>              <none>              48e5f45168b9        4 weeks ago         2.489 MB
<none>              <none>              bf747efa0e2f        4 weeks ago         0 B
<none>              <none>              980fe10e5736        12 weeks ago        101.4 MB
<none>              <none>              dea752e4e117        12 weeks ago        101.4 MB
<none>              <none>              511136ea3c5a        8 months ago        0 B

これはタグ付けされておらず、イメージ・ツリーから離れた(中間レイヤではない)イメージを表示します。これらのタグがないイメージは、イメージを使って新しく構築しようとしても リポジトリ:タグ の形式が利用できないため、その場合はイメージ ID を使います。コンテナが利用中であれば、イメージを削除しようとしても警告が表示されます。バッチ処理でクリーンアップする時に、このフラグが使えます。

docker rmi に対応するには:

$ docker rmi $(docker images -f "dangling=true" -q)

8abc22fbb042
48e5f45168b9
bf747efa0e2f
980fe10e5736
dea752e4e117
511136ea3c5a

注釈

タグ付けされていないイメージでも、何らかのコンテナが使用中であれば Docker は警告を表示します。

ラベル付けされたイメージ

label フィルタは、 label そのものが一致するイメージか、ラベルの値に一致する場合に表示します。

次のフィルタは com.example.version に一致するラベルだけでなく、その値にも適用されます。

$ docker images --filter "label=com.example.version"

REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED              SIZE
match-me-1          latest              eeae25ada2aa        About a minute ago   188.3 MB
match-me-2          latest              dea752e4e117        About a minute ago   188.3 MB

次のフィルタは com.example.version ラベルと 1.0 値に一致するイメージを表示します。

$ docker images --filter "label=com.example.version=1.0"
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED              SIZE
match-me            latest              511136ea3c5a        About a minute ago   188.3 MB

次の例は、 0.1 値を持つものをフィルタしますが、一致するものが無かったため、何も表示されません。

$ docker images --filter "label=com.example.version=0.1"
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED              SIZE

before

before フィルタは指定した ID またはリファレンスよりも前に作成したイメージのみ表示します。例えば、3つのイメージがあるとします。

$ docker images
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED              SIZE
image1              latest              eeae25ada2aa        4 minutes ago        188.3 MB
image2              latest              dea752e4e117        9 minutes ago        188.3 MB
image3              latest              511136ea3c5a        25 minutes ago       188.3 MB

before を使うフィルタは、次のように指定します。

$ docker images --filter "before=image1"
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED              SIZE
image2              latest              dea752e4e117        9 minutes ago        188.3 MB
image3              latest              511136ea3c5a        25 minutes ago       188.3 MB

since

since フィルタは指定した ID またはリファレンスよりも後に作成したイメージのみ表示します。例えば、3つのイメージがあるとします。

$ docker images
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED              SIZE
image1              latest              eeae25ada2aa        4 minutes ago        188.3 MB
image2              latest              dea752e4e117        9 minutes ago        188.3 MB
image3              latest              511136ea3c5a        25 minutes ago       188.3 MB

since を使うフィルタは、次のように指定します。

$ docker images --filter "since=image3"
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED              SIZE
image1              latest              eeae25ada2aa        4 minutes ago        188.3 MB
image2              latest              dea752e4e117        9 minutes ago        188.3 MB

フォーマット

フォーマット・オプション( --format )は Go テンプレートを使いコンテナの出力を見やすくします。

Go テンプレートで有効なプレースホルダは以下の通りです。

プレースホルダ

説明

.ID

イメージ ID

.Repository

リポジトリ

.Tag

イメージのタグ

.Digest

イメージのダイジェスト版

.CreatedSince

イメージを作成してからの経過時間

.CreatedAt

イメージの作成時間

.Size

イメージ・ディスクの容量

--format オプションの使用時、 image コマンドはテンプレートで宣言した通りにデータを出力します。あるいは、 table ディレクティブがあれば列のヘッダも表示するかのどちらかです。

以下の例は IDRepository のエントリをテンプレートで指定します。そして、コロン区切りで全てのイメージを表示します。

$ docker images --format "{{.ID}}: {{.Repository}}"
77af4d6b9913: <none>
b6fa739cedf5: committ
78a85c484f71: <none>
30557a29d5ab: docker
5ed6274db6ce: <none>
746b819f315e: postgres
746b819f315e: postgres
746b819f315e: postgres
746b819f315e: postgres

リポジトリとタグを表形式で一覧表示するには、次のようにします。

$ docker images --format "table {{.ID}}\t{{.Repository}}\t{{.Tag}}"
IMAGE ID            REPOSITORY                TAG
77af4d6b9913        <none>                    <none>
b6fa739cedf5        committ                   latest
78a85c484f71        <none>                    <none>
30557a29d5ab        docker                    latest
5ed6274db6ce        <none>                    <none>
746b819f315e        postgres                  9
746b819f315e        postgres                  9.3
746b819f315e        postgres                  9.3.5
746b819f315e        postgres                  latest

関連キーワード

イメージ, ago, none, 表示, docker, images, タグ, latest, SIZE, REPOSITORY