save

使い方: docker save [オプション] イメージ [イメージ...]1つまたは複数のイメージを tar アーカイブに保存(デフォルトは STDOUT にストリーム) --help 使い方の表示 -o, --output="" STDOUT(標準出力)の代わりに、ファイルへ書き込む

tar 化されたリポジトリを、標準出力のストリームに出力します。ここには全ての親レイヤが含まれ、全てのタグとバージョンだけでなく、 リポジトリ名:タグ が指定されれば、それぞれの引数に応じて出力します。

これはバックアップの作成のために利用でき、再度使うには dockerload を指定します。

$ docker save busybox > busybox.tar
$ ls -sh busybox.tar2.7M busybox.tar
$ docker save --output busybox.tar busybox
$ ls -sh busybox.tar2.7M busybox.tar
$ docker save -o fedora-all.tar fedora
$ docker save -o fedora-latest.tar fedora:latest

イメージのリポジトリで、適切なタグを指定する場合にも便利でしょう。

$ docker save -o ubuntu.tar ubuntu:lucid ubuntu:saucy