logs

使い方: docker logs [オプション] コンテナ
コンテナのログを取得 --details ログに追加情報を表示 -f, --follow=false ログの出力をフォロー(表示し続ける) --help 使い方の表示 --since="" タイムスタンプ以降のログを表示 -t, --timestamps=false タイムスタンプを表示 --tail="all" ログの最後から指定した行数を表示

注釈

このコマンドが使えるのは、コンテナが json-filejournald ロギング・ドライバを使う時のみです。

dockerlogs コマンドは、コンテナの実行時から現在に至るまでのログを、逐次表示します。

dockerlogs--follow および dockerlogs-f コマンドは、コンテナの STDOUTSTDERR から新しい出力があれば、 表示し続けます。

負の値の指定や、 --tail に値を付けなければ、全てのログを表示します。

dockerlogs--timestamp コマンドは RFC3339 Nano timestamp を追加します。例えば 2014-09-16T06:17:46.000000000Z のように、各ログ行に追加されます。タイムスタンプはナノ秒で表示されるため、不要な場合でもゼロが付加されます。

dockerlogs--details コマンドは、コンテナ作成時に --log-opt で指定した環境変数やラベルなどの追加属性も表示します。

--since オプションは指定した日時以降のログを表示します。指定できる日付は RFC 3339 date、UNIX タイムスタンプ、Go 言語の期間文字(例: 1m30s3h )です。Docker はクライアント側のマシン上からの相対時間を計算します。 --since オプションは --follow--tail と同時に使えます。