volume inspect

使い方: docker volume inspect [オプション] ボリューム [ボリューム...]ボリュームの低レベル情報を返す -f, --format= 指定した go テンプレートの形式で出力 --help 使い方の表示

ボリュームに関する情報を返します。デフォルトでは、コマンドは JSON 配列の形式です。実行テンプレートを個々に指定し、別のフォーマットを指定できます。Go 言語の text/template パッケージに、フォーマットの詳細に関する全てが記述されています。

出力例:

$ docker volume create
85bffb0677236974f93955d8ecc4df55ef5070117b0e53333cc1b443777be24d
$ docker volume inspect 85bffb0677236974f93955d8ecc4df55ef5070117b0e53333cc1b443777be24d[{"Name": "85bffb0677236974f93955d8ecc4df55ef5070117b0e53333cc1b443777be24d", "Driver": "local", "Mountpoint": "/var/lib/docker/volumes/85bffb0677236974f93955d8ecc4df55ef5070117b0e53333cc1b443777be24d/_data", "Status": null }]$ docker volume inspect --format '{{ .Mountpoint }}' 85bffb0677236974f93955d8ecc4df55ef5070117b0e53333cc1b443777be24d
/var/lib/docker/volumes/85bffb0677236974f93955d8ecc4df55ef5070117b0e53333cc1b443777be24d/_data

関連情報