tag

使い方: docker tag [オプション] 名前[:タグ] 名前[:タグ]リポジトリ内のイメージにタグ付け --help 使い方の表示

イメージ名は、構成名をスラッシュ記号で区切る構成です。オプションで先頭にレジストリのホスト名を追加します。ホスト名は標準 DNS ルールに完全に従う必要がありますが、アンダースコア記号は使えません。ホスト名を使う場合は、オプションでポート番号を :8000 の形式で指定できます。ホストの指定が無ければ、デフォルトで Docker の公開レジストリのある registry-1.docker.io を使います。構成名は(アルファベット)小文字、数字、セパレータ(分離記号)を含みます。セパレータの定義はピリオド、1つか2つのアンダースコア、複数のダッシュです。セパレータは、コンポーネント名の始めと終わりで使えません。

タグ名に含まれるのは(アルファベット)小文字と大文字、数字、アンダースコア、ピリオド、ダッシュです。タグ名はピリオドやダッシュで開始できません。そして最大で 128 文字です。

自分自身でイメージを名前とタグでグループ化し、 アップロード後は リポジトリを通したイメージを共有 できます。

ID を参照してイメージをタグ付け

ローカルにある ID 「0e5574283393」イメージを、「fedora」リポジトリの「version 1.0」とタグ付けします。

docker tag 0e5574283393 fedora/httpd:version1.0

名前を参照してイメージをタグ付け

ローカルにある名前が 「httpd」のイメージを、「fedora」リポジトリの「version 1.0」とタグ付けします。

docker tag httpd fedora/httpd:version1.0

タグ名を指定しなければ、既存のローカル・バージョンのエイリアス httpd:latest が作成されるのでご注意ください。

名前とタグを参照してイメージをタグ付け

ローカルにある名前が 「httpd」でタグが「test」イメージを、「fedora」リポジトリの「version 1.0.test」とタグ付けします。

docker tag httpd:test fedora/httpd:version1.0.test

プライベート・リポジトリにイメージをタグ付け

Docker Hub ではなくプライベート・レジストリにイメージを送信するには、レジストリのホスト名とポート(必要があれば)でのタグ付けが必要です。

docker tag 0e5574283393 myregistryhost:5000/fedora/httpd:version1.0