rm

使い方: docker rm [オプション] コンテナ [コンテナ...]1つまたは複数のコンテナを削除 -f, --force 実行中のコンテナを(SIGKILLを使い)強制的に削除 --help 使い方の表示 -l, --link 指定したリンクを削除 -v, --volumes コンテナと関連づけられたボリュームを削除

$ docker rm /redis
/redis

これは /redis リンクとして参照されているコンテナを削除します。

$ docker rm --link /webapp/redis
/webapp/redis

これは /webapp/redis でリンクされているコンテナを削除します。

$ docker rm --force redis
redis

これは /link でリンクされているコンテナを SIGKILL し、コンテナを削除します。

$ docker rm $(docker ps -a -q)

このコマンドは停止しているコンテナを全て削除します。コマンド dockerps-a-q は終了した全てのコンテナ ID を rm コマンドに渡し、全て削除するものです。実行中のコンテナは削除されません。

$ docker rm -v redis
redis

このコマンドはコンテナと、コンテナに関連づけられた全ボリュームを削除します。ただし、ボリュームに名前を指定していた場合は、このコマンドでは削除されません。

$ docker create -v awesome:/foo -v /bar --name hello redis
hello
$ docker rm -v hello

この例では、ボリューム /foo は残り続けますが、ボリューム /bar は削除します。同様に --volumes-from で継承関係にあるボリュームも保持します。