service inspect

使い方: docker service inspect [オプション] サービス [サービス...]サービスの調査(Inspect)
オプション: -f, --format string 指定した go テンプレートの書式で出力 --help 使い方の表示 -p, --pretty 人間が読みやすい形式で情報を表示

指定したサービスを調査します。このコマンドの実行対象はマネージャ・ノードです。

デフォルトでは、全てを JSON アレイ形式で返します。書式を指定したら、指定したテンプレートで各結果を処理します。

全ての書式に関する詳細は、Go 言語の text/template にあります。

例 =========-

名前か ID でサービスを調査

名前か ID のどちらかを指定し、サービスを調査できます。

たとえば、次のサービスがあるとします。

$ docker service ls
ID NAME REPLICAS IMAGE COMMAND
dmu1ept4cxcf redis 3/3 redis:3.0.6

dockerserviceinspectredisdockerserviceinspectdmu1ept4cxcf は、どちらも同じ結果を生成します。

$ docker service inspect redis[{"ID": "dmu1ept4cxcfe8k8lhtux3ro3", "Version": {"Index": 12}, "CreatedAt": "2016-06-17T18:44:02.558012087Z", "UpdatedAt": "2016-06-17T18:44:02.558012087Z", "Spec": {"Name": "redis", "TaskTemplate": {"ContainerSpec": {"Image": "redis:3.0.6"}, "Resources": {"Limits": {}, "Reservations": {}}, "RestartPolicy": {"Condition": "any", "MaxAttempts": 0}, "Placement": {}}, "Mode": {"Replicated": {"Replicas": 1}}, "UpdateConfig": {}, "EndpointSpec": {"Mode": "vip"}}, "Endpoint": {"Spec": {}}}]
$ docker service inspect dmu1ept4cxcf[{"ID": "dmu1ept4cxcfe8k8lhtux3ro3", "Version": {"Index": 12}, ... }]

読みやすい形式でサービスを調査

--pretty オプションを使えば、デフォルトの JSON 出力ではなく、人間が読みやすい書式で調査結果を表示できます。

$ docker service inspect --pretty frontend
ID: c8wgl7q4ndfd52ni6qftkvnnp
Name: frontend
Labels: - org.example.projectname=demo-app
Mode: REPLICATED Replicas: 5Placement: Strategy: Spread
UpdateConfig: Parallelism: 0ContainerSpec: Image: nginx:alpine
Resources:
Reservations:
Limits:
Ports: Name=Protocol= tcp TargetPort=443PublishedPort=4443

サービスを形成する実行中のタスク数を調べる

サービスに関する特定の情報を取得するには、--format オプションが使えます。たとえば、次のコマンドは「redis」サービスのレプリカ数を表示します。

$ docker service inspect --format='{{.Spec.Mode.Replicated.Replicas}}' redis10

関連情報