volume create

使い方: docker volume create [オプション]ボリュームを作成 -d, --driver=local ボリューム・ドライバ名を指定 --help 使い方の表示 --label=[] ボリューム用のメタデータを指定 --name= ボリューム名を指定 -o, --opt=map[] ドライバ固有のオプションを指定

コンテナが利用し、データを保管するための新しいボリュームを作成します。名前を指定しなければ、 Docker はランダムな名称を生成します。ボリュームを作成し、コンテナが使えるようにするには、次の例のように実行します。

$ docker volume create --name hello
hello
$ docker run -d -v hello:/world busybox ls /world

これはコンテナ内の /world ディレクトリにマウントを作成します。Docker はコンテナ内のマウントポイントに、相対パスの指定をサポートしません。

複数のコンテナが同時に同じボリュームを利用できます。2つのコンテナが共有データにアクセスする場合に便利です。例えば、一方のコンテナがデータを書き込み、もう一方がデータを読み込めます。

ボリューム名はドライバ間でユニークである必要があります。つまり2つの異なったドライバで、同じボリューム名を使うことはできません。実行しようとしても、 docker はエラーを返します。

A volume named %s already exists with the %s driver. Choose a different volume name.

現在のドライバが既に使用しているボリューム名を指定する場合は、Docker は既存のボリュームを再利用するとみなし、エラーを返しません。

ドライバ固有のオプション

ボリューム・ドライバによっては、ボリューム作成のカスタマイズのためにオプションが使えます。 -o--opt フラグでドライバにオプションを渡します。

$ docker volume create --driver fake --opt tardis=blue --opt timey=wimey

これらのオプションは各ボリューム・ドライバに直接渡されます。オプションはボリューム・ドライバごとに別々の動作をします(あるいは何もしないかもしれません)。

注釈

内蔵の local ボリューム・ドライバは、現時点ではオプションを受け付けません。

関連情報