警告

このコマンドは Docker 1.12 で導入された Swarm 管理機能の一部です。それと、変更は下位互換性を考慮していない可能性があります。

swarm update

使い方: docker swarm update [オプション]Swarm を更新
オプション: --auto-accept value 自動受け入れポリシー (worker, manager or none) --dispatcher-heartbeat duration ハートビート間隔を指定 (デフォルト 5s) --help 使い方の表示 --secret string クラスタにノード追加時に必要なシークレット値を指定 --task-history-limit int タスク履歴の保持上限数 (デフォルト 10)

新しいパラメータ値で Swarm クラスタを更新します。このコマンドはマネージャ・ノード上で実行する必要があります。

$ docker swarm update --auto-accept manager