import

使い方: docker import ファイル|URL|- [リポジトリ[:タグ]]空のファイルシステム・イメージを作成し、tar ボールの内容を読み込む(import)
tar ボールの形式は (.tar, .tar.gz, .tgz, .bzip, .tar.xz, .txz)オプションで、取り込み後にタグ付け -c, --change=[] イメージ読み込み時に Dockerfile の命令を追加変更 --help 使い方を表示 -m, --message= イメージを取り込み時、コミット用のメッセージを設定

URL- (ダッシュ)の指定、あるいは STDIN (標準入力)から直接データを取り込みます。 URL はアーカイブ( .tar、.tar.gz、.tgz、.bzip、.tar.xz、txz)に含まれる圧縮ファイルシステムや、Docker ホスト上の個々のファイルを指定します。アーカイブを指定したら、 Docker はコンテナの / (ルート)以下の相対パスとして展開します。個々のファイルを指定する場合、ホスト上のフルパスを指定する必要があります。リモートの場所から import する場合、 URI の形式は、 http://https:// プロトコルで始まる必要があります。

--change オプションが適用されるのは Dockerfile 命令でイメージの作成時です。サポートされている Dockerfile の命令は、 CMDENTRYPOINTENVEXPOSEONBUIDUSERVOLUMEWORKDIR です。

リモートから取り込む:

新しいタグ付けされていないイメージを作成します。

$ docker import http://example.com/exampleimage.tgz

ローカル・ファイルを取り込む:

STDIN のパイプ経由で Docker に取り込みます。

$ cat exampleimage.tgz | docker import - exampleimagelocal:new

コミット・メッセージを付けて取り込みます。

$ cat exampleimage.tgz | docker import --message "New image imported from tarball" - exampleimagelocal:new

ローカルのアーカイブから取り込みます。

$ docker import /path/to/exampleimage.tgz

ローカルのディレクトリを取り込む:

$ sudo tar -c . | docker import - exampleimagedir

新しい設定でローカルのディレクトリを取り込む:

$ sudo tar -c . | docker import --change "ENV DEBUG true" - exampleimagedir

この例では sudo を使っているのに気をつけてください。これは、tar アーカイブを処理する時にファイル(特に root )の所有権を保持するためです。root でなければ(あるいは sudo を使わなければ)、tar の利用時に権限を得られない可能性があります。