kill

使い方: docker kill[オプション] コンテナ [コンテナ...]実行中のコンテナを SIGKILL か指定したシグナルで停止 --help 使い方の表示 -s, --signal="KILL" コンテナに送信するシグナル

コンテナの中のメイン・プロセス( PID 1 )に対して SIGKILL を送信するか、 --signal オプションで指定したシグナルを送信します。

注釈

ENTRYPOINTCMDシェル 形式で実行している場合は、 /bin/sh-c のサブコマンドとして実行されていますので、シグナルを受け取ることができません。つまり、(シェル形式では)コンテナの PID 1 は Unix シグナルを受け取りません。