警告

このコマンドは Docker 1.12 で導入された Swarm 管理機能の一部です。それと、変更は下位互換性を考慮していない可能性があります。

swarm leave

使い方: docker swarm leave
Swarm クラスタから離脱
オプション: --help 使い方の表示

このコマンドは swarm からノードを離脱(leave)します。

マネージャ・ノード上の状態:

$ docker node ls
ID NAME STATUS AVAILABILITY/MEMBERSHIP MANAGER STATUS LEADER
04zm7ue1fd1q swarm-node-02 READY ACTIVE
2fg70txcrde2 swarm-node-01 READY ACTIVE REACHABLE
3l1f6uzcuoa3 * swarm-master READY ACTIVE REACHABLE Yes

ワーカ・ノードでコマンド実行:

$ docker swarm leave
Node left the default swarm.

マネージャ・ノード上の表示:

$ docker node ls
ID NAME STATUS AVAILABILITY/MEMBERSHIP MANAGER STATUS LEADER
04zm7ue1fd1q swarm-node-02 DOWN ACTIVE
2fg70txcrde2 swarm-node-01 READY ACTIVE REACHABLE
3l1f6uzcuoa3 * swarm-master READY ACTIVE REACHABLE Yes

関連情報