service ls

使い方: docker service ls [オプション]サービスの一覧表示
エイリアス: ls, list
オプション: -f, --filter value 指定した状況に応じて出力をフィルタ --help 使い方の表示 -q, --quiet ID のみ表示

このコマンドの実行対象はマネージャです。swarm 上で実行中の全サービスを一覧表示します。

マネージャ・ノード上:

ID NAME REPLICAS IMAGE COMMAND
c8wgl7q4ndfd frontend 5/5 nginx:alpine
dmu1ept4cxcf redis 3/3 redis:3.0.6

REPLICAS (レプリカ)列では、サービス用タスクの実際の数と期待数の両方を表示します。

フィルタリング

フィルタリング・フラグ( -f--filter )は「キー=値」の形式です。複数のフィルタを指定するには、複数回のフラグを指定します(例: --filter"foo=bar"--filter"bif=baz" )。

現時点では、次のフィルタをサポートしています。

ID

id フィルタはサービス ID の全てまたは一部に一致します。

$ docker service ls -f "id=0bcjw"ID NAME REPLICAS IMAGE COMMAND
0bcjwfh8ychr redis 1/1 redis:3.0.6

label

label フィルタは単一の label もしくは label の値に一致するサービスでフィルタします。

次のフィルタは project ラベルに一致するか、あるいは、そのラベルの値に一致します。

$ docker service ls --filter label=project
ID NAME REPLICAS IMAGE COMMAND
01sl1rp6nj5u frontend2 1/1 nginx:alpine
36xvvwwauej0 frontend 5/5 nginx:alpine
74nzcxxjv6fq backend 3/3 redis:3.0.6

次のフィルタは project ラベルと値に project-a を持つサービスにのみ一致します。

$ docker service ls --filter label=project=project-a
ID NAME REPLICAS IMAGE COMMAND
36xvvwwauej0 frontend 5/5 nginx:alpine
74nzcxxjv6fq backend 3/3 redis:3.0.6

名前

name フィルタはタスク名の全てまたは一部に一致します。

次のフィルタはサービス名 redis に一致します。

$ docker service ls --filter name=redis
ID NAME REPLICAS IMAGE COMMAND
0bcjwfh8ychr redis 1/1 redis:3.0.6

関連情報